soraなりの日々 - fc2 -

こころにひっかかったもの

[movie]into the wild

今年入って最初かな。
いま、もの凄ーくみたい映画。

このエントリーをはてなブックマークに追加


[into the wild - trailer]

sean pen の監督作品。
実話に基づいた映画で、原作は、
jon krakauer と言う人の"into the wild"
という本らしい。

amazon での説明は、こんな感じ↓

>1992年4月、ひとりの青年がアラスカ山脈の北麓、
>住むもののない荒野へ徒歩で分け入っていった。
>四か月後、ヘラジカ狩りのハンターたちが、
>うち捨てら れたバスの車体のなかで、寝袋にくるまり
>餓死している彼の死体を発見する。彼の名はクリス・
>マッカンドレス、ヴァージニアの裕福な家庭に育ち、
>二年前にア トランタの大学を優秀な成績で卒業した
>若者だった。
>知性も分別も備えた、世間から見れば恵まれた境遇の
>青年が、なぜこのような悲惨な最期を遂げたのか?
>ク リスは、所有していた車と持ち物を捨て、財布に
>残った紙幣を焼き、旅立つと、労働とヒッチハイクを
>繰り返しながらアメリカを横断、北上し、アラスカに
>入っ た。
>著者のクラカワーは、大学卒業後のクリスの人生を
>追いかけ、その時々にクリスと触れ合った人びとを
>捜し出してインタヴューし、彼の心の軌跡を検証す る。
>登山家の著者にとって、クリスの精神は理解できない
>ものではない。また荒野に魅せられた人びとというの
>は、昔からいて、さまざまな作品や記録が残って いる。
>こうした精神史や自らの体験も踏まえ、共感と哀惜の念を
>込めて、クリスの身に何が起こったのかを描き出す。
>出色のノンフィクション。
↑ペーパーバック版の説明

>厳寒のアラスカに消えたひとつの命。
>アメリカの地方新聞が報じたある青年の死は、
>やがて全米に波紋を呼んだ。恵まれた境遇で育った彼は、
>なぜアラスカの荒野でひとり死んでいったのか。
>衝撃の全米ベストセラー。

↑和書版の説明


うぅぅー。はよ見たい!

でね。
このサントラがさ、これまた良いのよ!
手がけたのは、perl jameddi vedder

そんで、サントラ最後の曲の "guaranteed" がとにかく良い!!
今日帰ってから、ずっと聞いてた。

"guaranteed" by eddie vedder

on bended knee is no way to be free
lifting up an empty cup, i ask silently
all my destinations will accept the one that's me
so I can breathe...

跪くのは、自由になる方法じゃないよ
空っぽのカップを掲げて、僕は静かに尋ねるんだ
僕の行くところはすべて、きっと僕を受け入れてくれる
だから、僕は生きていけるんだ

(かなり意訳です。間違えてたら、すんまそん。)

cd ひっくり返して、perl jam の cd 探してしまった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

177生ハメ分析w

9ここのところ生ハメ率97%ww

ちなみに中田氏率は39%ですけどなにか?www

えーとつまりアレだ。ココの金持ちイっちゃってますw
http://g-blend.net/qr/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sora2hs.blog70.fc2.com/tb.php/256-abd91bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)