soraなりの日々 - fc2 -

こころにひっかかったもの

[blog]書き始めてもう2年経つのか。。。

今見たら、ここでのアーカイブの一番古いヤツが 2006 年の 4 月になってて、
「そうか。もうここで2年も書き続けてるんだな」
って、一人物思いにふけってた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
○はじまりは 2005 年ごろなんやね

 \1,000 で仕入れた pen3 700 mhz の pc に右往左往しながら、
 bsd を突っ込んで、自宅でサーバ立ち上げて blojsom って
  java のブログソフト使って書き始めたのが 2005 年ごろみたい。
 (この頃のバックアップ探したけどなかったや。)

 唯一のログ↓
 soraなりの日々

 もう 3 年になるのか。。。
 (そんなに経つのに一向に文章が良くなってない、ぼくって一体。。。)

 ドキドキしながら書いてたのを今でも覚えてるな。
 (いまもそうだけど、結局は大したアクセスなんてなかったんだけどね。)

○"お初です"

 "おぉー。mixiだぁ!
  なんか凄い感動です。
  ○○氏、ご招待ありがとうございますっっ。"

 このなんとも恥ずかしい文章が、mixi の一発目の日記ね。
 (あー、恥ずかしいぞ、と。)
 日付は、2005年06月09日になってる。
 ヨスケ氏に招待して貰って(ありがとうございました!)、
 この頃から mixi 使ってたんだな。オレ。

 で、一時期 mixi の日記と自宅サーバのブログで使い分けてたけど、
 生まれながらのめんどくさがりなのと、あとで書く理由で、
 "soraなりの日々"って自宅サーバのブログで書いてたタイトルに
 "- fc2 -"くっつけて、いまの fc2 に移行して、結局ひとつに統一した。

○よくもまー、つづくこと

 そう!自分でもそれが不思議。
 結構な飽き性なオレが良く続いてるなと、ほんきで思う。
 ただ、当初から目的がはっきりしてたんで、
 これまで書いてこれたし、これからも書いていくと思う。

○書き続けるということ

 その時その時にやったことをどこかに書いて残してるってのは、
 結構な威力がある。
 すぐに忘れるようなぼくには、なおさらそんな感じ。
 
 「あー、あれどうだったけ?」とか google さんに質問するよりも
 速攻で的確に見つけられる(前にやってるんだし)。

 このオレオレライブラリが貯まっていく感じがたまらない。

 でも、それはぼくにとっては一側面。
 当初からブログを書こうとしたきっかけは別にある。

○"親父"というものへの思い

 ぼくは物心ついたときから、親父がいなかったもので、
 "親父"というものを知らない。
 で、自分がその"親父"というものになるってときに
 凄く不安を感じた。

 そうじゃなくても、もちろん不安になるんだろーけど、
 いかんせんぼくの場合、触れた記憶もないわけで、
 比較して、「こうなりたい!」だの、「これだけはしない」だの
 といったものがまったく想像できないわけです。

 なので、本だとか映画だとかにロールモデルを
 見つけるようなくせ(?)がついちゃってる。
 (フィクション物で好きなものは、ほとんど父親がテーマのものだったりする。
  映画のパーフェクトワールドで号泣。
  本のビューティフル・ボーイでも号泣。
  そして、もちろんカイトランナーにいたっては、、、、嗚咽がとまらなかった。)

 で、そんなぼくは昔、家に残ってた親父の本(唯一残ってた)を
 たまに見るのが、結構好きで楽しかった。
 「へー、親父ってこんな本読んでたんだぁ」とかって、いろいろと想像してたりして。

○10年後、20年後の我が子たちへ

 ちょうどブログを立ち上げてからぐらいか、将来のこととかで結構悩み出した。
 (24・5?23くらいまでは、10代と変わらず気持ちがなんとなく無敵だった)

 きっと彼らも同じように悩むんですよ。きっとね。
 「自分探し?おまえそこにいんじゃん。」とか言われたりして、
 けど、もやもやが消えずこのままで良いんだろーかとか思い悩むんですよ。

 その時にね。
 「あー、親父もそうだったんか。しかし、バカだな親父。」
 とか思われるってのもなんだか素敵じゃないですか?

 だから、そうなれば良いなで書いてる。
 (実際、読まないんだろけどね。)

○アクセス数

 たまにブログ界隈で話題になるブログのアクセス数を
 どうやってあげるか、みたいなやつ。
 そりゃー、ぼくもあげたいです。
 けど、上記が根本にあるし、商用でなくて個人のブログなんで
 あんま意識してないというかなんというか。。。

 ただ、書いたものが誰かのなんかの役にたってくれれば、
 それはうれしい。

○んで、ブログとは

 まー、いまさらですが、やっぱ結構良いもんですよ、と。
 普通に "sora" って呼ばれるのもなれてきたし、
 今回初めて転職ツールとしても使ってみた。

 そこそこ書いてたら、一通りの人柄とかでちゃうんで、
 実際にあってみてもそれほどブれない感じ。

 んー、やっぱブログって良いな、と。

とかなんとか、一通り物思いにふけり、やっぱ
これからもブログ書いていくぜ、と思いました。
(つまんない駄文ばっかなんで、
 もっともっと内容のあるやつを書かんばイカンね!)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

私にとって懐かしい人でもあり
こんな風にいつでもつながってる気がするので色んな時でも励みになります。これからもブログでたくさんの思いを語ってください。
心にくるものもたくさんあったりするし、ずっと応援してます。
父親・・・・、soraがsoraなりの気持ちや思いやりを子供たちに持つことで充分。
親って誰もなってみないとわかんないしね。そして、子供たちが自分と同じような思い(たとえば辛かったりとか寂しかったりとか)にはさせたくないよね。

  • 2008/04/10(木) 09:21:57 |
  • URL |
  • あおすけ #-
  • [ 編集]

>あおすけさん

いえいえ、こちらこそいつも励みになります。
親はほんとならんとわからんよねー。
しかも、こっちが成長させられてばっかだし。
これからもお互いがんばっていきましょー!

いやー、しかしほんと駄文ばっか書いてるなーっと。

  • 2008/04/11(金) 01:24:42 |
  • URL |
  • sora #-
  • [ 編集]

2年ですか!すごいですね。
そういやmixi始めてだいぶ経ちますね。ボクらが始めたのが3年前ってことは、もう一昔前のサービスって感じがしますね。

ボクはブログとかあっちこっちに書いててすぐやめてしまうんですけど、今は技術系とプライベートの2本で行こうかなと思ってます。自分の子供に見られるとかは考えたことなかったなー。

  • 2008/04/11(金) 09:30:57 |
  • URL |
  • ヨスケ #-
  • [ 編集]

>ヨスケさん

そうなんすよね。
もうそんなたつんすよ。マジでびっくり。
そら、オレも年取るわ、と。
これからも頑張ってかいていきやしょーね。ブログ。

  • 2008/04/12(土) 01:24:35 |
  • URL |
  • sora #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sora2hs.blog70.fc2.com/tb.php/304-13ed6beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)