soraなりの日々 - fc2 -

こころにひっかかったもの

[子育て]ミニバス親子に学ぶ親子道

やっと終わったよ。
つらい、ツライ gw がっ!
辛いのが終わったと思ったら、

いっしょに gw も終わってました。隊長っっ(TT;

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウチの長男さんが去年小学生になったのを機に
入ったミニバス(ミニバスケットボールクラブ)では、
毎年、gw はほぼぜんぶ毎日試合っっ!そんで、遠征。

徐々に遠くなっていく試合会場。
締めの4日目も、ホームの体育館で他チーム招いて試合。

朝6時~6時半起き。
帰りも5時か6時に向こうを出発。
最後の日のホームでは、準備と片付けで同じくらいの時間。

あー、しんどかった。

みなさん、おつかれさまでしたっ!

で、前々からミニバスについて思ってることがあって、
それっていうのが、

「ミニバスにいる家族みなさん、素敵な家族ばっかり」

なんですよ。
(ウチのチームだけ言う噂もありますが、なんせ今のチームの
 ココしか知らないもので他と比べられません。)

で、そんな素敵な家族に一歩でも近づけるよう、
この gw に毎日密着させていただいて、気がついた点を
いくつかまとめてみよーかと。

バスケ


5.ツライ時もいっしょ
 辛い時は一緒に辛い思いを。そして、楽しいときはもちろん一緒。

 上は小学6年生から下は小学1年生まで。
 (今のミニバスは一年から入れるのですよ。知ってました?
  昔というか僕のときは小学4年生からでした。ミニバス入れるの
  少子化の影響がココにもあり?)

 アレだよ。
 小学1年生なんて、ほんのちょっとまで園児ですよ。園児。

 それが、朝6時頃に起きて、準備して試合に行って、
 家に着くのは早くて6時過ぎ。
 それが4日間毎日。
 小学6年でもキツイだろし、マジで親ですらキツいんすよ。

 そんなキツい辛さも、試合に勝ったときの嬉しさも
 なんもかんもいっしょくたに経験するのが大事ですね。

4.しっかりと叱る
 他の子でも悪い事(悪いプレー)をしたら、しっかり叱る。

 試合中、ベンチ側ではお父さんお母さん達が
 我が子で無くても悪いプレーしたら、しっかりと叱ります。

 それは、試合中でなくても全部です。

 我が子は当然かわいいのは当たり前ですが、当然のように
 他の子にも同じように扱います。

3.しっかりと褒める
 できた時には当然しっかりと褒める。

 4.の"しっかり叱る"の反対です。
 当然、他の子にもです。

 「我が子」、「我が子」と言いながら、自分の子しか
 見ないってのはダメなんだと思います。
 (「中学までは義務教育でしょ。だから、ウチの子も"平等"に
   試合に出してください。」
   なーんて、平気でのたまうバカ親に聞かせてやりたい今日この頃)

 悪いプレーをしてしまった子にはしっかりと叱り、
 逆に良いプレーをしたら、しっかりと褒める。

 自分の子でなくとも。

 結局、それを見て我が子もしっかりと成長できてチームも良くなる!
 良いことづくしです。

2.みんなで成長する
 レギュラーはもちろんの事、小さい子も含めてチーム全体で成長する。

 ウチの子は、まー僕の子ですから、ものすっご団体生活が苦手。
 入った当初から「行きたくないー。辞めるー。」でなんだかんだ妥協
 しながら1年過ごして今2年生。

 当然、下の学年の1年生とか入ってきて、1年なんもしてないよーな
 ものだからレベル的に同じなんですね。

 けど、「良いとよ。それで。みんなそうだったんよ。まずは慣れないと」
 と言って貰え、おかげで大分慣れてきました。

 「できないからダメだ」ではなく、「どうやったらできるようになるか」を
 チームとして、みんなが我が事のように考えてくれます。

 4日目の最後の試合、レギュラー陣は控えに入り、小学3年以下が全員出る
 ちびっ子試合をして貰え、長男さんも出ることが出来ました。

 そこで、試合の最後に長男さんがシュート決めたんですが、
 そん時、レギュラー陣含め、他の親御さんすべてスタンディングオベーションして
 みんなで喜んで貰いました

 そうやってできない子でも楽しくプレーできるようにして、
 みんなで成長していく環境を作っていくのって凄い大事だと思います。

1.夢を持つ
 みんな同じ夢を持ち、それに向かってがんばっていく。

 当然チーム全体として、強くなって行くのが目標。
 そんでそれに向かって親も子もいっしょにがんばっていく。

 で、これを家族としてみた場合にもあるんですね。やっぱり。

 「親父も現役で息子2人と一緒に社会人バスケの試合のコートに出る」
 だとか、
 「3人兄弟、全員同じコートに立つ」
 (1年、3年、5年の男兄弟家族が今年の gw の試合で立てたんで、
  良かったですね!!
  次は、公式戦で全員同じコート!)
 だとか、ほんっといろいろ家族毎にいろんな夢があって、
 みんなそれに向けて頑張ってる。
 家族の目標が一緒だから、家族の絆がより一層強くなる。

 そんなん良いですね。


「礼儀をきちんと身につかせる」だとかは今回省きました。

ほんと羨ましい家族ばっかりのミニバスチームでございます。
こんな素敵な家族を目指してがんばってこー!

あとね、ほんと去年からミニバスの環境に恵まれてて、
オレの地元の小学校で教えてた元監督、元コーチは知り合いで
その後輩もそんな繋がりで知り合いになれたんですわ。

親視点だけでなく、10何年も小学生を指導してきたやつの
意見も聞けるってのはほんとにありがたい話でね。
これからもドンドン吸収していかないと!
(高校ん時から教えてるからね、元監督は。
 あおすけさんもご存じ(?)のももちゃん。
 それと元コーチは家がお隣のほぼ幼なじみ!)


ps:
 しかしね。
 下の子も来年小学生なんですわ。当然、ミニバスに入るつもり。
 で、今嫁のお腹に入ってる子も当然上の兄弟がやってたら、
 やりますわな、そりゃ。
 て、考えるとこの地獄の gw があと 13年は続く訳です。

 オレ、ミニバス卒業するころには、41っすよ(TT;
 しかも、長男が既に成人してる・・・orz

 が・がんばってこー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sora2hs.blog70.fc2.com/tb.php/320-8ac08a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)