soraなりの日々 - fc2 -

こころにひっかかったもの

[c++,java] Javaな日々...比較して覚える java - 番外:web services : amazon -

相当、間があきまくったんだけども 3 回目。
しかも、比較はしなくて今回は番外編。
前回のはココ

前の会社で中途半端に出してた社内のメールから
若干内容削除とかして変更してから乗せていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
☆ で、なにすんのよ。。。
  はい。正直ネタ切れ。
  そして、 java に半分飽きてきた(僕、もの凄い飽き性)。
 
  だけど、飽きてきたからこそやることがあるわけで、、、
 
  言語一つ覚えようとすると、それはそれは大変。
  それこそ一日中その言語のことを考えてないと覚えられない。
 
  だからといって、言語は覚えるだけではダメなわけで、結局は
  使いこなせないと意味ないわけ。
 
☆ 言語はパワー。
  言語は覚えれば覚えるほど、そして使えこなせれば使えこなせ
  る程、修得した人自身のパワーになる。
  そいつ自信のやれること、できることが広がるんだよ。
  自分の可能性が広がることがいかに楽しいことか!
 
  あとは、少しでも身に付くように、いかに楽しく覚えれるよう、
  使えるようになるかを考えれば、きっと幸せになれる。
 
  そんで、言語学習で飽きてきた時に、僕はなにするかっていう
  と、大抵、参考書に載ってない項目で楽しそうなアプリを
  作成する。
 
☆ で、だからなに作るの?
  java の参考書を一冊終わらせました、ruby の仕様を
 完璧に覚えました。
 
  これでは、実にもったいない(いや、凄い事だけどね)。
 
  言語はパワーだと思うわけ。
  せっかく覚えたんなら使わないと。。。
 
  と、言われてもなにをしたら、、、
  じゃ、仮にこういうのは?
 
  Java は勉強している、xml はこれからアプリ技術者として必須。
  そんで、web 2.0 で今 web が暑い! 

  しかも、そこかしこで web の api を公開しているんよね。
  ほんと良い時代。

web services とは?

  ほんと今はいろんなサービスがあり、api も公開されまくり。
  で、今回は amazon でいこかと。
 
  Amazon Web サービス(以下 Web サービス)は、XML ベ
  ースのプロトコルを使い、Web 上で公開され、配布される
  自己完結型アプリケーションです。Web サービスは、個別
  商品の一連の情報の取り込みからショッピング・カートに
  追加するまでのサービスを、アプリケーションとして提供
  します。
 
  ま、今回やるやつはちと違うが web 上でいろんなサービス
  あり、また、それを誰でも利用できるように各社出てるわけ。
 
  これは、使わない手はなくね?
 
  だって、言語学習に飽きてるわけだし、こちとら刺激がほしい
  わけ。
 
☆ 実際のコード
  て、ことで今回 Amazon E-Commerce Service 4.0 を使って
  damezon なるアプリを作ってみる。
   
java:damezon.java
    import java.io.*;
    import javax.xml.parsers.*;
    import org.w3c.dom.*;

    class XMLTest {
        public void parceDocument(Document d) {
            NodeList list = d.getElementsByTagName( "Item" );
            for (int iCnt=0; iCnt<list.getLength(); iCnt++ ) {
                Node child = list.item( iCnt );
                String name = geAsinName( child );
                System.out.println( name );
            }
        }
   
        public String geAsinName(Node parent) {
            StringBuffer sb = new StringBuffer();
            NodeList list = parent.getChildNodes();
            for (int iCnt=0; iCnt<list.getLength(); iCnt++ ) {
                Node child = list.item( iCnt );
                String tag_name = child.getNodeName();
                if ( tag_name.equals( "ASIN" ) ) {
                    Node content = child.getChildNodes().item(0);
                    if ( content.getNodeType() == Node.TEXT_NODE ) {
                        Text text = ( Text )content;
                        sb.append( text.getData() );
                    }
                }
            }
            return new String( sb );
        }
    }

    public class damezon {
        public static void main (String[] args) {
            try {
                String url = "http://xml-jp.amznxslt.com/onca/xml?Service=AWSECommerceService&AWSAccessKeyId=0QFQP71N37A8QXZCWC02&Operation=ItemSearch&Keywords=java&SearchIndex=Books&ResponseGroup=ItemAttributes";
     
                // ドキュメントビルダーファクトリを生成
                DocumentBuilderFactory factory = DocumentBuilderFactory.newInstance();
     
                // ドキュメントビルダーを生成
                DocumentBuilder builder = factory.newDocumentBuilder();

                // パースを実行してDocumentオブジェクトを取得
                Document doc = builder.parse( url );

                XMLTest parser = new XMLTest();
                parser.parceDocument( doc );
            } catch ( Exception e ) {
                e.printStackTrace();
            }
        }
    }


  これ、ちゃんと asin コードを amazon から取得し表示する。
  しかし、クラス分けにしても中途半端。
  asin なんて知ったってなんの訳にも立たないよね。
 
  じゃ、なんで今回書いたの?
 
  それは、これを読んでる僕としてはとてもうれしい方々に色々
  と考えてほしいわけです。はい。
 
  仮にできなくても、意味解らなくても良いと思う。
  大事なのは何を悩み何が理解できないのかを恥をかいてでも
  人に聞く姿勢ではないかと。
 
  と、偉そうなことを言ってますが、
  今回、木曜日0時すぎにウチに帰る途中、「あー、今週 java の
  勉強できなかったなー。かと言ってサボるワケにはいかないし
  なぁー。」
  と車運転しながら考えたネタ。
 
  肩意地はらず、気軽にわからないことがあったら、質問してほ
  しい。
 
  それと、こうした方が良いなどジャンジャンください!!
  (切実)
 
  んで、実行結果。
  "java" で検索しているので、それの結果の asin コード。

  "4872802721
  4844323458
  4797327030
  4797331828
  4894714361
  477413144X
  4844323385
  4798112186
  4798110124
  4774131059"


☆ 環境
  os:mac os x 10.4.10(8r218)
  cpu:powerpc g4 1.25ghz
  mem:1 gb
  java ver:java version "1.5.0_07"

☆ -------------
keep creating,

 ↑ さすがにもう使えんな。
    しかし、改めて見直してみるとなんというか
  書いてることが恥ずかしながら、、、
  ものすっご青臭いね・・・orz
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sora2hs.blog70.fc2.com/tb.php/398-62ea1d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)