soraなりの日々 - fc2 -

こころにひっかかったもの

[iphone, mac] 自分の大事な大事なソースコードをちゃんとバージョン管理しようよ!

とうとう弊社社長も書いてしまった弊社の技術ブログ。

ここですね↓
[自然対数の底]
http://blog.fusic.co.jp/archives/1639

自分も書いてみて、思いの外、はてぶが伸びずヘコんでるところでの
社長のブログ記事(はてぶ1つ。。。1つ頂いた方、ありがとうございますm(_ _)m)。

[iPhone で暗号化]
http://blog.fusic.co.jp/archives/859

正直、全力で負けたくないですね。。。
まー、表には絶対出さないですけどねww

このエントリーをはてなブックマークに追加
てな、今年の反省は置いておいて。。。
みなさん、バージョン管理ですよ、と。

ちゃんとやってますか?やってない??
え??マジでっ??ほんきで言ってます??

やらんとっっ!
あなたの大事な大事なあなたの資産。ちゃんと管理しないと!ですよ、と。


ソースコードのバージョン管理に関しては、そこかしこで
どこかの偉い人が偉い記事を書いてると思うので、そこは譲るとして(楽してる)、
まー、みなさん、21世紀も真っ只中な今日びみなさん当然やってますよね!、と。

subversion はやってるでしょ?さすがに。
(やってるって言ってね。話が進まないから(TT;)

で、実際に他のコミュニティさん介してのヒアリングとかやってみた感じでも
みなさんやってました。subversion ではとか。

でも、みなさんご存知の通り、時代は git ですよ、と。
subversion とか別のバージョン管理と比較しての git の優位性とかは、
これまた別の偉いサイトさんに譲ります。

[Git を使ってソース・コードを管理する]
http://www.ibm.com/developerworks/jp/linux/library/l-git/

自分は1年間 git でやってみた限りでいうと、

 「こんな便利なもん使わない手なんてない!」

これが正直な気持ちです。はい。

で、今回は iphone 開発において git を使ってバージョン管理の仕方。
そして、開発したソースを今や誰もが認めるソース公開サイト
github での公開方法をざっくりとご紹介できればと思います。

では、早速。


1.git を mac にインストール

 正直に言います。
 自分の環境は、mac os 10.6.5 でですね。
 もう最初から git が入ってたのか自分が入れたのかは覚えてません。
 自分の感覚的には macports で入れた気がしてるのですが、
 今なら全力で homebrew でのインストールをオススメします!

 ruby でできてるのですが、自分が ruby の技術者を2年強やってるから言ってるわけでもなく、
 これから導入される方には homebrew をふっつうにオススメします。
 ほんとコレ良いですよ、と。

 [MacOSXにUNIX系アプリを簡単インストール!: Homebrew編]
 http://r.nanapi.jp/11740/


2.なにはともあれアプリの作成

 だから、なんなん(プンスカ)。
 そうですよね。。。
 なので、まずは実際に実感していただくために、あなたの素晴らしくも世界を
 変えてしまうようなアプリを作ちゃいましょう。
 
 と、やっぱりココも時間も記事も取られるのでハショリます。
 なので、前回のはてブが取れなかった(ww)この記事で使ったアプリを使います。

 [iPhone で暗号化]
 http://blog.fusic.co.jp/archives/859

$ cd {$WorkDir}/
$ git clone git://github.com/sora0513/iCryptTest.git

 とりあえず、ソースはできました!
 これをあなたの素晴らしいコードだと思ってください!
 (いや、比較にならないほど酷いのは解ってますよww)


2.gitignore

 ソースを落としてくれた方にはすでに入っているのですが。。。
 subversion もそうですが、git にしても、どうしてもバージョン管理したくないものが
 あるのが世の常でございます。
 mac だと .DS_Store は当然で、iphone アプリだとバイナリなんてバージョン管理しても
 意味が無いわけで。。。
 なので、除外するファイルを定義したファイルが必要です。
 git では、それが .gitignore というファイルです。

 「あー、もうめんどくさそ。」

 わかります。
 なので、もう用意してるですよ。
 なので、以下を先程作成したアプリのディレクトリ直下に
 ダウンロードしてくだいさいませませm(_ _)m

$ git clone git://github.com/sora0513/Objective-C.gitignore.git

 これでダウンロードは終わりです。
 簡単ですね。

 たったこれだけで準備は完了です!


3.あとはひたすらバージョン管理!

 ここまでできたら、git を使い倒すだけです。

 ソースを変更→ビルド→確認→バグ改修→変更完了→ソースをコミット

 このルーティンに入ってひたすら繰り返すだけです。
 万が一にもバージョンアップなどのソース変更に失敗したとしてもソースを戻すだけですし、
 後述するソースの公開サイトに登録しておけば、hdd が仮に吹っ飛んだとしてもあなたが
 必死で時間を割いて開発した素晴らしいアプリのソースコードは生きております!
 そして、git に関しては複数人の開発もデフォルトでサポート、そして、開発しやすいんですよ!!

 git でのバージョン管理は以下のコマンドを使います。

$ git add .
$ git commit -m "hogehoge..."

 変更加えるたんびにこれを繰り返すだけです。
 簡単ですよね!


4.ソースを公開

 上記の流れで開発した結果。
 自分のソースコードを公開したいな、と思うことも人間あるかと思います。
 このご時世はほんとに恵まれてて、そんな欲求にもなんとタダで叶えてくれる
 素晴らしいサイトが数多く存在してます。

 その一つが github です。

 元は、たしか rails 自体が git に移動。
 そして、rails のプラグインが置かれる場所としてデフォルトとなり、git とともに伸びまくった
 開発者にとってほんとに素晴らしいサービスでございます。

 因みに自分は結構早くから利用させていただいてて、ココにいたりします。
 ぜひフォローとかしていただけると嬉しい限りでございます。。。 

 で、github ですが、
 アカウント作成後に "new repository" を押して作成したアプリ用の新しくリポジトリを作成します。

 仮に iphone アプリが "GREATMyiPhoneApp" だとした場合(ww)、
 "new repository" を押して、Project Name に "GREATMyiPhoneApp" と入力します。
 作成後、表示される支持の通りに進めばそのまま世界に、そして、バックアップの意味でも
 github 内に登録されます。

 まずは、git への情報の登録から。

$ git config --global user.name "Takafumi Kawano"
$ git config --global user.email sora.hs@gmail.com

 そして、2つコマンドを入力するだけ。

$ git remote add origin git@github.com:sora0513/GREATMyiPhoneApp.git
$ git push origin master


5.最後に

 いかがでしたでしょうか。
 これ実はプログラマだったら、ぶっちゃけみんな知ってる事だったりします。
 なにをいまさらー。。。ですよ、ほんと
 じゃ、なんでこんなん書いたん??ですよね。

 ほんとの対象は、デザイナさんです。ぶっちゃけね。
 同じ大事な大事な作品を日々作ってる関係の仲間ですから!

 こー書いてるのは最低限であって実は他にハマりどころはあったりしますよ。
 でも、ま、それは、ヤル気さえあれば自分に聞いてくれるなり、
 グーグルさんで調べるなり方法はあるんですよね。

 まずは、もう既にプログラマさんは王道となってることに
 同じクリエータとしてのデザイナさんもやってみること!
 それが大事かな、と生意気にも思って今回記事にしてみました。

 この記事がひとりでも多くの人の助けになればな、と思って、
 きっと今年最後のブログを終わりたいと思います。

 みなさま、本年も大変お世話になりました。
 来年もよろしくお願いいたします。

いじょです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sora2hs.blog70.fc2.com/tb.php/521-183d4069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)