soraなりの日々 - fc2 -

こころにひっかかったもの

macにgonzui入れてみた!

gonzui


コレは便利ですぞ!

[mycom ジャーナル:今夜はgonzuiでソース探索]
http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/11/30/gonzui/

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、finkdarwinportsも触ってなかったんでなかなか苦労した。
そういや、freebsdサーバ落としてからports自体触ってないや・・・orz
なもので、こんな時間(現在、am 3:00すぎ)。

以下手順。

まずはやっぱりgonzui。
ココ↓から1.2をダウンロード。

http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=125279

落としてきたファイルを適当なディレクトリにおいて解凍。








$ tar zxf gonzui-1.2.tar.gz
$ cd gonzui-1.2
$ ./configure


と、ここでberkeley dbがないので怒られる。
んで、berkeley db入れようとしたのが苦労の始まり。

darwinportsで落とそうと思って-selfupdateとかしてたけど、
finkのgui使ってインストールした方が良いやと思い立つ。
portsもあるだろし、なにより後々管理らくだし。
てか、ここら辺をかんっぜんに忘れてた・・・orz

んで、結局finkcommanderでdb44をインストール。

して次は、ruby-db。
しかしダウンロード先のサイトが落ちてる・・・
いや、"落ちてた!"。
なんでか今は大丈夫やがな。。なぜ?

ま、良いや、とりあえずココ↓で最新版らしき0.6.0を落とす。

ftp://moulon.inra.fr/pub/ruby/

これもまた適当な場所に落として解凍してmake install。








$ ruby extconf.rb --with-db-lib=/sw/lib/ --with-db-include=/sw/include/db4
$ make
$ make install


そ・し・て、念願のgonzuiのインストール。








$ ./configure
$ make


れでやっと動いた。
手元にあった(つーか、さっき落とした)bdb-0.6.0.tar.gzを
gonzui-importして検索してみた結果が最初の画像。

使った感じは「マジでこれ良いぞー!!」の一言。

以下、参考にさせていただいたサイト↓

[gonzui:ソースコード検索エンジン]
http://gonzui.sourceforge.net/

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sora2hs.blog70.fc2.com/tb.php/89-676e209c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)